いびきと無呼吸症候群 | 快眠ひろば 大沼寝装店 ふとん 枕 オーダーメイド 寝具 インテリア 宮城県 角田

大沼寝装店は、眠りのプロのいるお店です。
睡眠負債の改善・手助けいたします!

快眠ひろば

0120-46-2108

オーダーメイド枕3386個作らせていただきました
  • 納品事例

ブログ

blog

いびきと無呼吸症候群

いびきのしくみ

いびきはどのようにして起こるのでしょうか。 人が眠っているとき、鼻の粘膜の毛細血管が広がることで、 空気の通り道である上気道(じょうきどう)と呼ばれるノド周辺の気道が狭くなります。 さらに、睡眠中は筋肉が緩むために、舌がノドの奥のほうに落ちていきます。 こうして、上気道が狭くなってしまい、そこを空気が通るとノドの粘膜が振動してしまい音を出します。 これがいびきの正体です。 いびきには良質のものと悪質がものがあります。 睡眠中に呼吸が一時的に止まる状態がなければ良質なものなので特に心配する必要はありません。 良質ないびきは原発性いびきと呼ばれ、音がうるさいという以外には特に問題はありません。 睡眠中に呼吸停止が起こるようですと、悪質ないびきに分類され、なんらかの不調を体が訴えている警告だと言えるでしょう。 いびきは睡眠中の呼吸が上手にできていない証拠とも言えますから、立派な睡眠障害の一つです。 また、いびきをかく人は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)という睡眠障害の一歩手前ですから、たかがいびきと甘く考えてはいけません。  

いびきの原因

狭くなってしまった上気道を無理に空気が通るために、ノドの粘膜などが振動してしまう現象がいびきの正体です。 それでは、なぜ上気道が狭くなってしまうのでしょうか。代表的な理由には以下のようなものがあります。 肥満傾向の人はいびきをかきやすい典型的なタイプです。 特に首やノドの周辺や舌そのものに余分な脂肪がついて肥大化しているために、空気が通る気道をさらに狭くしてしまうためです。 睡眠中に呼吸をしても空気が上気道をスムーズに流れることができず、大きな振動音(いびき)が出てしまいます。 また、寝る姿勢も大きく影響します。 うつぶせよりも、仰向けに寝た時のほうがいびきをかきやすいと言われています。 重力によって舌がノドの奥に落ち込みやすくなり、上気道をふさぎやすくなるためです。 他にも、鼻炎やアレルギーなどの鼻の病気をもっている人は、 鼻の空気の通りが悪い状態で呼吸をするために鼻内部の粘膜部分が振動してしまい、いびきの原因になります。 舌がのどに落ちて上気道をふさぐのを防ぐためにもっとも簡単で有効な方法は、横向きに寝ることです。 しかし、何年も仰向きで寝ている人は急に横向きに寝てくださいと言われてもなかなかうまくいかないでしょう。 そんな人は、枕の左右どちらか片方の下にタオルなどを入れて枕自体を斜めに傾けてしまうといいでしょう。 完全に横向きにならなくても、体が少しでも斜めになれば上気道に空気が通りやすくなりますから、いびきは改善します。  

いびき防止のために

日常生活をしている中では、友人と同じ部屋で寝たり、 出張で会社の同僚や上司と同じ部屋で寝なければいけない場面がいつ来るとも限りません。 そんな時、いつも通り、いびきをガーガーかいてしまっては、場合によってはその後の人間関係にも影響があるかもしれません。 根本的な改善には、専門家である医師に相談する必要がありますが、 「今日だけ、いびきをかきたくない」という緊急事態に対応するためには、市販のいびき防止グッズを利用するのが一番です。 鼻をはさみこむようにして貼ることによって空気の通り道を広げてくれるシールや、 鼻の中に直接ふきかけるスプレータイプの薬をはじめとして、指輪のように指にはめるためだけでOKというものもあります。 普通のドラッグストアで、こうしたさまざまな種類のいびき防止グッズが販売されていますから、 いびきに悩んでいる人はまずこのあたりから始めてみてはいかがでしょう。  

無呼吸症候群とは

何らかの理由で睡眠中に気道の空気の通りが悪くなり、 呼吸が一時的に止まる状態が繰り返し何度も起きる病気を睡眠時無呼吸症候群といいます。 英語ではSleep Apnea Syndoromeといい、略してSAS(サス)と呼ばれることもあります。 大きないびきのあとに呼吸が止まり(無呼吸の状態)、しばらく静かな状態が続きいびきが止まったかと思うと、 また大きないびきが始まるというのが睡眠時無呼吸症候群患者の典型的ないびきです。 こうした特徴的ないびきをかいている人は、睡眠時無呼吸になっている可能性が高いと言えます。   睡眠時無呼吸症候群の一般的な定義(診断基準) ■10秒間以上の無呼吸が、7時間の睡眠の間に30回以上発生する あるいは ■無呼吸が1時間の睡眠の間に5回以上発生する   無呼吸の状態は一時間に5回以上発生し、数十秒から長い時には数分間も続きます。 もっとも長い場合で5分近く呼吸が止まっていた、という報告もあります。 無呼吸はレム睡眠の時に起こる確率が高く、夜中に何度も目が覚めて睡眠が分断されるため睡眠は浅くなります。 長いときには数分間も呼吸が止まった状態となり、脳が酸欠状態になると一時的に目が覚めますが、 本人はすぐにまた眠りに落ちるために朝になっても目が覚めた記憶がありません。 こうして本人はまったく認識しないままに、呼吸が止まって目が覚めるという繰り返しを一晩中続けるわけです。 (重度の患者の場合、500回の無呼吸が発生します) いっしょに寝ている家族が異常に気づき、病院に相談に行くことをすすめるケースがほとんどのようです。 いびきをかくことイコール睡眠時無呼吸症候群だと思っている人もいますが、 いびきをかくからといって、必ずしも睡眠時無呼吸症とは限りません。 いびきをかく人の30~40%程度が、睡眠時無呼吸症だといわれています。 国内の患者数は100万人以上、全人口に占める割合でいうと、1~2%程度だと言われており、 年齢にかかわらず子どもから老人までまんべんなく発症します。 睡眠時に完全に「無呼吸」にならなくても、 睡眠中に体内に吸い込む空気量が無呼吸と同様の原因で著しく少なくなることを「低呼吸」といいます。 こちらも血中酸素濃度が低下するという意味では、無呼吸よりは程度が軽いとはいえ危険な状態であることは変わりありません。 呼吸が止まっていないからと安心はできません。寝起きがすっきりしない、 日中に睡魔に襲われるなどの症状がある人は、低呼吸になっている可能性が誰にでもありえると考えたほうがいいかもしれません。 睡眠時無呼吸症候群になると日中に強烈な眠気に襲われ、 運転中や会議中などでも突然眠ってしまうという異常な事態になることがあります。 特に運転中に突然眠ることは、事故に直結する危険な現象です。 また、一日を通して気分がなかなか高まらず、仕事や勉強に対する意欲も低くなります。 集中力、判断力、注意力、記憶力などが悪影響を受け、効率性や生産性は下がります。  

無呼吸症候群の原因と対策

睡眠時無呼吸症候群の原因は空気の通り道が狭くなっていることです。 気道がふさがって酸素が不十分となり、血中の酸素濃度が低下するため、脳が休息できません。 睡眠の質が低いので、昼間も集中力が上がらず、だるさや眠気が抜けない。昼間に強烈な眠気に襲われて、 車を運転中に眠ってしまうケースもあり非常に危険です。 (アメリカではSASと認められると、運転免許が交付されないようです) 睡眠時無呼吸症候群は治療が必要な病気ですが、治療に入る前に自分でできる対策があります。 1.ダイエットをする 睡眠時無呼吸症候群の症状がある人の多くは、肥満傾向にあるという事実があります。 舌やノドの周囲にも余分な脂肪があるために、上気道が狭くなりやすいのです。 まずはダイエットで余計な脂肪を落とすところから始めるのも効果的です。   2.横向きで寝る 仰向きで寝ると重力のせいで、睡眠中に舌がノドの奥に落ちやすくなります。 真横を向くことができなくても、首や体がすこしでも傾けば上気道に空気が通りやすくなります。 また、自分の頭に合った高さの枕を使って気道を確保することも大切です。   3.鼻呼吸の習慣をつける 普段から口呼吸をしている人は、睡眠中も口で呼吸をしています。 口から息を吸い込むと非常に大量の空気が入ってくることになり、 狭くなった上気道を通ろうとしたときノドを振動させていびきが発生します。 鼻で呼吸するようにすれば症状はだいぶ変わってくるはずです。   4.寝酒をやめてアルコールをひかえる もともといびきがひどかったり、睡眠時無呼吸の症状が出る人は、 アルコールを飲んで寝たときのほうがより症状が悪化します。 これはアルコールによって筋肉のゆるみが増長され、舌によって上気道がふさがれやすくなるためです。   睡眠時無呼吸症候群は、自分でその症状を自覚することは通常難しいので、どうしても家族の協力が必要です。 睡眠中に呼吸が止まっていると家族が気づいた場合は、早急に医師に相談してください。 呼吸器科、耳鼻咽喉科に連絡して、睡眠時の呼吸障害についての専門家がいるかどうか問い合わせてみてください。 上記の方法を試しても症状が改善しない場合でも、深刻に考え込む必要はありません。 睡眠時無呼吸症候群には効果的な治療法がたくさん用意されていますし、完全に治すことが十分に可能な病気です。 経験の多い専門家に適切な処置をしてもらえれば、睡眠状態が劇的に改善することが多いに期待できるのです。